スワップポイントと複利計算

複利とは利息を元本に足すことで、利息を増やしていく方法です。円の定期預金は元本割れがないので、金利が高い商品を探すだけでよいです。一方、FXでは金利差であるスワップポイントの他に、為替差損益が生じます。為替差損益は「元本割れ」または「元本超え」のどちらかになるリスクがあります。FXのスワップポイントは円の定期預金のように自動で複利運用できません。そのため、ポジションを決済することでスワップポイントと為替差益を元本に足します。ポジションの決済方法はFX会社により異なります。FXではスワップポイントと為替差損益の合計がプラスになっている場合に複利効果が期待できます。

複利の計算方法

複利の計算方法は円預金とFXでは異なります。

円預金

円預金の複利は短期的には利息の総額はあまり変わりませんが、長期的には増えます。利息5%の単利と複利を比べた場合、500万円の元本で5年後には利息の総額は129,000円違います。これは単利の約半分であり、単利で5年半運用したのと同じ効果があります。これを複利効果といいます。

元本 単利5% 収入累計
2018 500 25 25
2019 500 25 50
2020 500 25 75
2021 500 25 100
2022 500 25 125
元本 複利5% 収入累計
2018 500 25 25
2019 525 26.2 51.2
2020 551.2 27.5 78.7
2021 578.8 28.9 107.6
2022 607.7 30.3 137.9

スワップポイント

スワップポイントは政策金利差から大きく離れませんが、為替評価損益は大きく変動します。そのため、スワップポイントだけでなく、為替差益も安定的に得ることができなければ利益を得ることはできません。スワップポイントと為替評価損益の合計が目標利益に達したらポジションを決済し、次のチャンスを待ってから新たにポジションを作り複利運用します。スワップポイントがいくら貯まったかに目が行きやすいですが、為替差損益の方が重要です。特に高金利通貨はインフレ率が高い場合が多く、長期的に為替は下がります。これは購買力平価で説明できます。そのため、スワップポイント狙いで複利運用するなら為替の水準が割安の時だけに買うと良いです。購買力平価については下記の記事をご覧下さい。

購買力平価説と為替レート

2019年2月3日
元本 スワップポイント5% 為替評価損益 合計 実現損益
2019 500 25 50 75 75
2020 575 0 0 0 0
2021 575 28.75 -30 -1.25 28.75
2022 575 28.75 -20 8.75 28.75
2023 575 28.75 30 58.75 58.75

2019年に為替が暴落したので買い注文を入れ、同年度中に大きく反発したので決済します。2020年は為替が下がらなかったので売買はしません。2021年は為替が下がったので買い注文を入れます。2022年は為替が横ばいだったので決済はしません。2023年は為替差益が大きくなったので決済します。
上記の為替の動きは仮定であり、実際の値動きは異なります。