FXのスワップポイントの仕組み

時計と円を比べる人

FX業者は顧客のポジションをニューヨーク市場が閉まる時にトムネでロールオーバーします。ロールオーバーは、顧客が新規注文したスポットの外貨の受渡日の繰り越しで、キャリーとも呼ばれます。スポットの外貨の受け渡し日は注文日から2営業日後です。FXのスワップポイントは、受渡日の繰越期間の金利差であるトムネの直先スプレッドを基準に計算します。

目次

FXのスワップポイントが付与されるタイミング

FXのスワップポイントが付与されるタイミングはニューヨーク市場が閉まる時間です。ニューヨーク市場が閉まる時間は日本時間の午前7時です。ニューヨークがサマータイムの場合は、日本時間の午前6時に変わります。ニューヨークのサマータイムは、3月第2日曜日から11月第1日曜日までです。ニューヨーク市場が閉まる直前にポジションを持ち、スワップポイントが付与されたらすぐに決済することも可能です。FX業者は、ニューヨーク市場が閉まる時間の前後にメンテナンスを行うため、メンテナンス時間の前にポジションを持つ必要があります。メンテナンス時間はFX業者により異なります。

スワップポイントが付与されるタイミング

FXのスワップポイントの付与日数

FXのスワップポイントの付与日数は、トムネによる受渡日の繰越期間です。トムネはトゥモロー・ネクスト(tomorrow next)の略称です。トムネは注文日を約定日の翌営業日、決済日を約定日の翌々営業日とする為替スワップ取引です。

為替スワップ取引は、通貨を担保に外貨を借入れ、返済期日に元本と直先スプレッドを支払います。直先スプレッドは、スワップ市場の裁定取引により通貨ペアの金利差に近づきます。為替スワップ取引はスポット(直物)と先物を同額で同時に行います。例えば、顧客が月曜日にドル円の買いの新規注文をした場合、ドル買い円売りの受渡日は水曜日となり、FX業者は火曜日にトムネでロールオーバーします。トムネの内容は、水曜日を決済日とするドル売り円買いとスポットのドル買い円売りです。月曜日に注文したドル買い円売りはトムネのドル売り円買いと相殺されます。残ったのは受渡日が木曜日のスポットのドル買い円売りです。結果としてドル買い円売りの受渡日が水曜日から木曜日に繰り越されました。FX業者は、水曜日から木曜日までの直先スプレッドを基準にスワップポイントを計算します。ドルの金利が円の金利よりも高い場合、1日分のスワップポイントが付与されます。

トムネの1日分のロールオーバー
曜日
顧客のスポット ドル買い円売り
トムネのスポット ドル買い円売り
トムネの先物 ドル売り円買い

FXのスワップポイントが付与される日数は休日も含まれます。祝日がない場合、一般的には日本時間の木曜日の午前7時(ニューヨークのサマータイムの時は午前6時)に3日分、その他の平日は1日分のスワップポイントが顧客に付与されます。通貨ペアのどちらかの通貨の国が祝日の場合、通常よりもスワップポイントの日数が増える日があります。その代わりにスワップポイントが付与されない日もあります。

例えば、顧客が水曜日にドル円の買いの新規注文をした場合、ドル買い円売りの受渡日は金曜日となり、FX業者は木曜日にトムネでロールオーバーします。トムネの内容は、金曜日を決済日とするドル売り円買いとスポットのドル買い円売りです。水曜日に注文したドル買い円売りはトムネのドル売り円買いと相殺されます。残ったのは受渡日が月曜日のスポットのドル買い円売りです。結果としてドル買い円売りの受渡日が金曜日から月曜日に繰り越されました。FX業者は、金曜日から月曜日までの直先スプレッドを基準にスワップポイントを計算します。ドルの金利が円の金利よりも高い場合、3日分のスワップポイントが付与されます。

トムネの3日分のロールオーバー
曜日
顧客のスポット ドル買い円売り
トムネのスポット ドル買い円売り
トムネの先物 ドル売り円買い
為替スワップ取引の流れ

為替スワップ取引とは

2019年3月1日

FXのスワップポイントの計算方法

買った通貨の金利が売った通貨の金利よりも高い場合、スワップポイントをもらえます。買った通貨の金利が売った通貨の金利よりも低い場合、スワップポイントを支払います。スワップポイントの金額の計算方法は、「トムネの直先スプレッド×ロールオーバー時の為替レート×ロールオーバーする通貨量」です。トムネの直先スプレッドの計算方法は、「通貨ペアの金利差(年利)÷360×ロールオーバーする日数」です。

例えば、ドルの年利が2%、円の年利が0.2%、ロールオーバーする日数が1日の場合、トムネの直先スプレッドは0.005%です。ロールオーバー時の為替レートが1ドル100円、ロールオーバーする通貨量が1万通貨の場合、スワップポイントは50円です。ドル円の買いポジションをロールオーバーするとスワップポイントを50円もらえます。逆にドル円の売りポジションをロールオーバーするとスワップポイントを50円支払います。

スワップポイントの金額はFX業者のウェブサイトで公開されています。1万通貨当たり40円のスワップポイントであれば、2万通貨で80円、5千通貨で20円のスワップポイントです。マイナスの表記はスワップポイントの支払いです。実際のFXのスワップポイントはFX業者ごとに大きく違います。その理由は同業他社との価格競争があるからです。

ポジション方向とスワップポイントの収支
(ドルの金利が円よりも高い場合)
ポジション方向 買う通貨 売る通貨 スワップポイント
ドル円の買い ドル 受け取り
ドル円の売り ドル 支払い

FXのスワップポイントの税金

国内業者のFXは、FX業者から交付される年間取引報告書を元に税金を計算します。年間取引報告書は為替差損益とスワップポイントの合計金額が記載されています。国内業者のFXは、先物取引に係る雑所得等に分類され、税率は20.315%です。先物取引に係る雑所得等の損失は、確定申告することで翌年以降の3年間、各年の先物取引に係る雑所得等から控除できます。

ほとんどのFX業者のスワップポイントは、決済された時に課税されます。未決済のスワップポイントが口座残高に自動で反映されるFX業者は、決済していなくても課税されます。スワップポイントを未決済のまま引き出しができるFX業者は、FX業者により課税方法が異なります。

確定申告書と電卓とボールペン

国内業者のFXの税金の計算方法

2018年10月29日
時計と円を比べる人