FXの取引時間帯と特徴

地球の中の昼と夜
外国為替市場は世界中のネットワークから成り、平日24時間取引がされています。 各国の時差や取引規模により1日の中でも時間帯ごとに特徴が違います。

目次

外国為替市場の1日の流れ

外国為替市場の1日はオセアニアから始まり、アジア、ヨーロッパを経由して、アメリカで終わります。為替は時間帯により動き方に特徴があります。オセアニア、アジア、ヨーロッパ、アメリカの時間帯の特徴は以下の通りです。時間は日本時間です。サマータイムの時は1時間早くなります。

オセアニアの時間帯

アジアの時間帯までアメリカの時間帯の為替の動きを追随しやすいです。アジアの時間帯までは取引量が少ないので、ボラティリティが高くなりやすく注意が必要です。週明けの月曜日は、休日の間に起きたニュースで大きく動くこともあります。経済指標はニュージーランドは早朝、オーストラリアは朝から昼にかけて発表されます。

アジアの時間帯

オセアニアの時間帯と重なります。午前9時前に日本の経済指標が発表されます。銀行はドルが不足している場合、仲値の決定時間までにドルを買う動きがでます。仲値は午前10時に発表されます。仲値の決定後には輸出入企業、機関投資家、公共機関の為替取引で動くことがあります。ドル円、クロス円、オセアニア通貨以外の通貨ペアはあまり動きません。経済指標は日本は朝から昼にかけて発表されます。

ヨーロッパの時間帯

午後4時頃からドル、ユーロ、ポンドを中心に動きます。欧米のトレーダーは、積極的に為替差益を狙ってトレードします。欧米の仲値はロンドンフィックスと呼ばれ、午前1時に発表されます。ロンドンフィックスの前後の時間帯では、為替が大きく動くことがあります。経済指標は夕方から夜にかけて発表されます。

アメリカの時間帯

ヨーロッパの時間帯と重なります。そのため、1日の中で最も為替取引が多い時間帯です。午後10時頃から為替取引が活発になります。午前5時から午前7時は為替取引が少ないです。夜から深夜にかけて経済指標が発表されます。

各国の為替取引が多い時間帯

外国為替市場の2019年4月の1営業日当たり平均直物取引量は、約2兆3,787億ドルです。その主な内訳はイギリス1兆1437億ドル(48.1%)、アメリカ4,757億ドル(20%)です。イギリスのロンドン市場、アメリカのニューヨーク市場が開いている時間帯が最も為替取引が多いといえます。ロンドン証券取引所は日本時間の17時から1時30分までです。ニューヨーク証券取引所は日本時間の23時30分から6時までです。サマータイムの時は上記の時間帯が1時間早まります。各国の証券取引所の取引時間帯は下記の通りです。各国の為替取引量については下記の記事をご覧ください。
国旗一覧

各国の外国為替市場の取引量

2019年1月15日
各国の証券取引所の立会時間
サマータイムの各国の証券取引所の立会時間
各国のサマータイムの時間帯
国名 開始時間 終了時間
アメリカ、カナダ 3月第2日曜日 11月第1日曜日
ヨーロッパ 3月最終日曜日 10月最終日曜日
メキシコ 4月第1日曜日 10月最終日曜日
ニュージーランド 9月最終日曜日 4月第1日曜日
オーストラリア 10月第1日曜日 4月第1日曜日

FX業者の取引時間帯

FXは上記の時間帯ごとの特徴に合わせてリアルタイムレートで取引ができます。ほとんどのFX業者の取引時間帯は、月曜日の午前7時から土曜日の午前7時までです。ニューヨークのサマータイムの場合、月曜日の午前6時から土曜日の午前6時までです。FX業者はニューヨーク市場が閉まる時間の前後にメンテナンスをするので、その時間帯は取引できません。メンテナンスの時間帯はFX業者により異なります。 取引時間帯が月曜日の午前4時からであるFX業者は、サクソバンク証券です。オーストラリアのサマータイムの場合、月曜日の午前3時からです。サクソバンク証券はデンマークの投資銀行であるサクソバンクの完全子会社です。サクソバンク証券の詳細は下記のウェブサイトをご覧ください。 サクソバンク証券のFX
地球の中の昼と夜