為替レートの表記方法

ドル円の為替レート

為替レートは、ツーウェイ・クォーテーション(two way quotation)で表記します。ツーウェイ・クォーテーションは、ビッド(bid)、アスク(ask)を表記します。ビッドは、マーケットメーカーの買値で、顧客の立場からすると売値です。アスクは、マーケットメーカーの売値で、顧客の立場からすると買値です。アスクは、ビッドよりも高くなります。もし、アスクがビッドよりも低ければ、顧客はアスクで買って、すぐにビッドで売ることで簡単に利益が出せます。ビッドとアスクの差をスプレッドといいます。

為替レートは、ベストビッド、ベストアスクで表記します。ベストビッドは、複数のマーケットメーカーのビッドの中で一番高いビッドです。ベストアスクは、複数のマーケットメーカーの中で一番低いアスクです。ベストビッドの変化とベストアスクの変化は同じではありません。そのため、スプレッドは常に変動します。

顧客レートの表記方法は、ふたつあります。ひとつめは、マーケットメーカーのベストビッド、ベストビッドよりも不利なレートで表記する方法です。これは、ベストビッド、ベストビッドに金融機関の手数料が上乗せされています。その代わりに取引手数料がかからないことが多いです。この表記方法は、日本では一般的です。

ふたつめは、マーケットメーカーのベストビッド、ベストビッドで表記する方法です。その代わりに取引手数料がかかります。この表記方法は、ECN(Electronic Communications Network)のFXで使用されます。ECNは電子取引所方式で取引参加者同士の注文を自動的にマッチングします。ECNの取引参加者は顧客、銀行、ブローカー(仲介会社)などです。

通貨ペアの順番

通貨ペアの左側の通貨は主軸通貨、右側の通貨は決済通貨です。通貨ペアは主軸通貨1単位でいくらの決済通貨になるのかを表します。例えば、「米ドル/円」が100の場合、1米ドルは100円です。

決済通貨が自国通貨になる通貨ペアは自国通貨建てレートです。例えば、「米ドル/円」は自国通貨建てレートです。決済通貨が他国通貨になる通貨ペアは他国通貨建てレートです。例えば、「ユーロ/ドル」は他国通貨建てレートです。通貨ペアの表記の順番には下記のルールがあります。

  1. ユーロは必ず主軸通貨になる。
  2. ポンドドルはユーロの次に主軸通貨になる。
  3. オーストラリアドルはポンドドルの次に主軸通貨になる。
  4. ニュージーランドドルはオーストラリアドルの次に主軸通貨になる。
  5. 米ドルはニュージーランドドルの次に主軸通貨になる。
  6. 韓国ウォンは必ず決済通貨になる。
  7. 円は韓国ウォンの次に決済通貨になる。

ユーロは新しい単一通貨としての期待の高さから常に主軸通貨です。ポンドドルは過去に主軸通貨だった名残りです。オーストラリア、ニュージーランドは、かつてイギリスの植民地でした。韓国ウォンは、主軸通貨にすると為替レートの小数点以下の桁数が多くなるので常に決済通貨です。円は主軸通貨にすると韓国ウォンの次に為替レートの小数点以下の桁数が多くなります。

通貨ペアを買う場合、左側の通貨を買って、右側の通貨を売ります。ドル円の買いであればドルを買って、円を売ります。通貨ペアを売る場合、左側の通貨を売って、右側の通貨を買います。ドル円の売りであればドルを売って円を買います。

為替レートの英語表記

為替レートは、英語3文字の通貨コードの組み合わせで表記することがあります。通貨コードの最初の2文字は国名コードから取り、最後の1文字は通貨名から取っています。例えば、JPYは、JapanのJとP、YenのYの組み合わせです。

悩む人のヒューマンピクトグラム

通貨ペアの英語表記の読み方

2018年11月2日

通貨ペアの強弱

通貨ペアの強弱は、決済通貨が同じ通貨ペアの変動率を比較することで分かります。例えば、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円の前日比が、0.6%、-0.3%、-0.2%、0.1%だとします。これを前日比の高い順に並び替えると、ドル円(0.6%)、豪ドル円(0.1%)、ポンド円(-0.2%)、ユーロ円(-0.3%)です。上昇率が一番の通貨はドル、下落率が一番の通貨はユーロです。よって、ドル高ユーロ安です。

変動率の絶対値が低い通貨は、通貨高または通貨安で表記しないこともあります。例えば、ユーロ円の変動率の絶対値は0.3%では大きく動いたとは言えないと考える場合、上記の例ではドル高と表記します。

通貨高の通貨が主軸通貨の為替レートは上がります。ドル高となった場合、ドル円は上がります。通貨高の通貨が決済通貨の為替レートは下がります。ドル高となった場合、ユーロドルは下がります。

通貨安の通貨が主軸通貨の為替レートは下がります。ドル安となった場合。ドル円は下がります。通貨安の通貨が決済通貨の為替レートは上がります。ドル安となった場合、ユーロドルは上がります。

ドル円と需給の関係
需給 ドル円
ドル高 上がる
ドル安 下がる
円高 下がる
円安 上がる
ユーロドルと需給の関係
需給 ユーロドル
ドル高 下がる
ドル安 上がる
ユーロ高 上がる
ユーロ安 下がる
ドル円の為替レート